知らなかった!アライグマ駆除についての確認事項まとめ/Medical Care
HOME>Utility>知らなかった!アライグマ駆除についての確認事項まとめ

アライグマの被害にあったら

可愛らしくて大人しそうな印象のアライグマ。しかし、アライグマは放っておくと私たちの生活に様々な被害を及ぼします。個人によるアライグマの駆除は、駆除許可申請が必要となります。まずは参考に、許可申請に必要なものをいくつか確認してみましょう。この申請は多くの書類準備や手間が必要となるので、アライグマ駆除は専門業者へ依頼することをおすすめします。

アライグマ駆除の許可申請に必要なもの

  • 申請書類
  • 捕獲をする場所の地図
  • 委任状
  • 狩猟免許の写し(檻カゴで捕獲を考えている場合)
  • 委任状
  • 狩猟免許の写し(檻カゴで捕獲を考えている場合)
  • 被害写真

可愛いけど危険

アライグマ

アライグマの被害で困っている方が増えています。アライグマは特定外来生物に指定されており、日本の生態系に害を及ぼす恐れがあるとされています。愛らしい顔とは裏腹に実は凶暴で、ペットの猫や犬が襲われる事例が多発しているのです。人が噛み付かれるというケースもあります。アライグマが家の天井などに住みついたことによる騒音や、糞や尿の被害が出ています。糞や尿は強烈な悪臭の他にも天井の腐敗やシミの原因になります。そればかりか、ダニや寄生虫、食中毒になる病原菌、その他にも様々な病原菌もいるので人体への害もあります。アライグマの被害を抑えるためには専門業者を頼んで駆除するしかありません。

被害をストップ

アライグマは法律によって捕獲には狩猟免許を持つことが義務化されています。捕獲をする場合は、捕獲する現場の自治体にあらかじめ許可をもらっておく必要があります。免許や許可なく捕獲するのは法律違反になるのです。自分で勝手に捕獲はできないのです。そのため、多くの人がアライグマの駆除専門業者へ依頼するのです。専門業者はプロですので、アライグマの特性を知り尽くしています。まず現場の調査をします。そしてアライグマを駆除するだけでなく消毒や天井の腐敗処置も行います。また戻ってきて住み着かないように侵入口を塞いだりと再発防止もしてくれます。アライグマの被害に困ったときは速やかに専門業者へ依頼することをお勧めします。